脱毛の治療をすると、「初期脱毛」という症状が出てきます。
これは、治療をしているのにもかかわらず髪の毛が抜けてくる現象です。
治療をしているにもかかわらず、脱毛が進行してくると不安になりますし、本当に薬の効果があるのかを疑ってしまいそうですが、それはちょっと待ってください。
初期脱毛が怒るのにはきちんとした理由があり、初期脱毛が起こるからこそ、お薬が効いている証拠でもあるのです。

ジヒドロテストロンという物質が、男性ホルモン受容体に作用することで髪の毛の髪の毛の成長や発毛が乱されます。
これが薄毛が進行していく原因になります。これを乱されないようにする作用があるのが、脱毛の治療薬となります。
治療をすることで、髪の毛の成長や発毛が促されるので、これまでよりも早く髪の毛が生えてきます。
新しい頭髪が生えてくる際に、古い頭髪を押し出してしまいます。
このため、今ある髪の毛(つまり、細くて弱い古い髪の毛)が一気に押し出されてしまうことで初期脱毛とよばれる状態になります。

では、自分の現在の状態が、初期脱毛なのかどうか判断する方法についてお伝えしていきます。
脱毛してきたからといって、すべての原因が初期脱毛とは限りません。
それ以外の原因で脱毛している場合もあるので、鑑別が必要になってきます。
初期脱毛の場合には、一旦頭髪が脱毛してしまうものの、2週間から1ヶ月後くらいから新しい髪の毛が生えてきます。
このため、1ヶ月~2ヶ月後に新しい髪の毛が生えてくるのであれば初期脱毛と考えられます。

つまり、治療を始めた後に、髪の毛が薄くなったり抜けたりするのは当たり前の「効果」なのです。
ここで、「この薬は自分には合っていない、むしろ脱毛を悪化させている悪い薬だ」と自己判断してしまい、中止してしまうと脱毛の改善には至りません。
この「初期脱毛」であることがわかれば、髪の毛が抜けてきても心配なく過ごせるでしょう。
ちなみに、脱毛の量だけでは「初期脱毛」かどうかは判断がしにくいのが現状です。
本当に脱毛があったのかわからないくらい少量で済んだ人もいれば、治療を断念しようかと思うくらいごっそりと抜ける人もおり、程度は様々です。
たくさん抜けたからといってもご安心を。抜けたぶんの髪の毛はきちんと生えてきます。根気よく治療を続けていく必要があります。

また、お薬を変えたからといって初期脱毛がなくなるわけではありません。
脱毛の薬の作用機序から行って、初期脱毛は(多かれ少なかれ)避けては通れない道となっています。
しかし、これ以外にも脱毛の原因がありますのでチェックして起きましょう。
初期脱毛の期間は前述した通りですが、個人差が見られます。しかし、初期脱毛と思われる状態が長期間続くのであれば、それは他の原因があるかもしれません。

プロペシアを処方された時に、だいたいこのくらいの期間治療をしますと医師から説明を受けるかと思いますが、その期間を過ぎても脱毛が続くようであれば、他の原因があることも考慮して、一度医師に相談すると良いでしょう。
さらに、夏に受けた紫外線の影響で、夏頃に脱毛が進む場合があります。
この場合は、初期脱毛ではないですが、原因が「紫外線」ということになりますね。

また、個人輸入などで仕入れた場合には、模倣品などの場合もあります。
この場合には全く効果がないばかりか、健康被害が出る恐れもありますので注意しましょう。

これらのことから、初期脱毛かどうかを判断するには2週間では判断ができません。
早ければ2週間くらいから初期脱毛が進行し、その後1ヶ月から2ヶ月は続くことを考えると、それ以上の期間脱毛が続くのであれば、もしかしたら初期脱毛ではない可能性も考慮していく必要があります。

何れにしても、不安なことがあれば一度担当の医師に相談してみると良いでしょう。一番の解決法になるはずです。