プロペシアはAGAの改善に効果が期待することが出来る医薬品です。
日本では病院を受診し、処方を受けることで購入することが出来ます。
プロペシアの効果を得るためには、服用し続ける必要があります。
その為、その費用は莫大なものになってしまいます。
また、病院を受診するとなると、通院のための費用も必要となります。

プロペシアの購入費用を抑える方法として、ジェネリック医薬品を使用するという方法があります。
ジェネリック医薬品はプロペシアだけではなく、様々な医薬品にあり、購入費用を安く抑えることが出来ると注目されています。

ジェネリック医薬品はプロペシアなどの先発薬と同じ成分で出来ている医薬品で、同じような効果を期待することが出来ます。
それにも関わらず、価格が安いのは薬を開発する費用を抑えることが出来ているためです。
先発薬の場合、薬を開発するのに多額の費用が必要となります。
それを回収するために、薬の価格はある程度高額になります。

ジェネリック医薬品については、その開発費用がありませんので、先発薬に比べると価格を抑えることが出来ます。
なお、プロペシアのジェネリック医薬品については、病院によっては扱っていない場合があります。
これまで通っていた病院でプロペシアのジェネリック医薬品を扱っていないという場合には、新たな病院を見つけるという方法もありますが、海外からジェネリック医薬品を輸入するという方法もあります。

個人輸入代行業者を利用することで、通販感覚で海外から薬を輸入することが出来ます。
豊富な実績のある業者であれば、正規品であることを保証していますので、安心して利用することが出来るでしょう。
また、トラブルが生じた時でも迅速な対応をしてもらうことが出来ます。
海外に拠点を持つ業者でも日本語でのサポートに対応している為、製品の状態や配送状況を確認することが出来ます。
ジェネリック医薬品については、複数の種類があります。

プロペシアとそのジェネリック医薬品における違い

プロペシアの主成分であるフィナステリドが含まれているジェネリック医薬品は一つだけではありません。
主なものとしてはフィンペシアやエフペシアがあります。
いずれもフィナステリドが含まれているという共通点はありますが、それ以外の添加物に若干の差があります。

フィンペシアやエフペシアとプロペシアを比較した場合、効果が全く同じであるかというと、添加物に違いがありますので、必ずしも同じ効果を得ることが出来るとは言えません。
ただし、国の規定では先発薬でもジェネリック医薬品でも有効試験を行った結果の違いがプラスマイナス15%以内であれば、同じ効果であると見なされるとされています。
製品によっては先発薬と「ほぼ同じ」という謳い文句で製品を発売しているところもありますが、それに関しては違法とは言えません。

先発薬でもジェネリック医薬品でも医薬品を服用した場合には副作用が生じる可能性があります。
ジェネリック医薬品については、作られている国の基準によっては甘かったり、全く異なる成分が配合されているという場合もあるのが実際のところです。
そのようなジェネリック医薬品を服用した場合、副作用が生じるリスクが高くなります。

特に個人輸入でプロペシアなどの医薬品を購入した場合、偽物が手元に届くということも考えられます。
手元に届いた医薬品の成分について個人で確かめるということは難しいものですので、個人輸入で医薬品を購入する時には、信頼することが出来るところを利用することが大切です。
個人輸入代行業者を利用する場合には、成分調査を行っているかどうかを確かめることで、安心して利用することが出来るかどうかを確かめることが出来るでしょう。